ウォーターサーバーの電気代は高い?安い?比較ランキング!節約方法も紹介!

ウォーターサーバー 電気代 比較

ウォーターサーバーを買う時にきになるのが電気代です。水の値段やサーバー代だけかと思っていたら、実は電気代で結構月額が上がっていた!なんてことも。そうならないために、どのサーバーの電気代がお得か事前に知っておきましょう!

ウォーターサーバー|電気代が安いランキングベスト15!

まずは月額電気代がよく検索されているウォーターサーバーの電気代ランキングをご紹介します。

1位:フレシャス・デュオ約330円~
2位:アクアクララアドバンス約350円~
3位:フレシャス・スラット約380円~
4位:うるのん・ウォーターサーバーGrande約390円~
5位:コスモウォーターらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス約436円~
6位:ウォーターワン JLサーバー約600円~
7位:クリティア スリムサーバーⅡ エコモード約620円〜
8位:クリクラミオ・床置きタイプ約700円~
9位:サントリー ウォーターサーバー約700円~
10位:ダスキン約800円〜
11位:キララ スマートサーバー約808円~
12位:プレミアムウォーター スタンダード約900円~
13位:クリクラサーバーL約1,000円~
14位:アルピナウォーター約1,000円〜
15位:うるのん・スタンダードサーバー約1,500円〜

>>安いウォーターサーバーランキングを知りたいかたはこちら!

↑ 電気代はもちろんだけど…とにかく安いウォーターサーバーを知りたいなら、読んでくださいね~

では、電気代が安いウォーターサーバーの特徴をご紹介していきます。これを読めば、電気代が高いウォーターサーバーとの違いも分かります!

第1位:フレシャスデュオ

ウォーターサーバー 電気代 フレシャスデュオ

第1位はフレシャスデュオ。電気代はなんと月額330円〜。グッドデザイン賞を受賞していておしゃれな上に、月額が抑えられて非常にお得なウォーターサーバですね。

フレシャスデュオの基本情報(電気代)

サイズ幅29cm×奥行36.3cm×高さ112.5cm重量20.0 kg
消費電力冷水:80 W
温水:350 W
電気代約330円/月〜
チャイルド
ロック
ありエコモードあり(明るさ感知で自動節電)

第2位:アクアクララ アクアアドバンス

第2位はアクアクララです。従来の電気を多く消費する熱殺菌ではなく、『UV除菌ランプ』の搭載によってお水を綺麗にしているので、衛生面で安心なのはもちろん、省エネ!

ウォーターサーバー 電気代 アクアアドバンス

アクアクララ・アクアアドバンスの基本情報(電気代)

サイズ幅27.6cm×奥行31.1cm×高さ96.6cm重量17.0 kg
月間消費電力冷水:95 W
温水:400 W
電気代約350円/月〜
※使用状況により異なる。
温水は約70~75℃(省エネモード)
チャイルド
ロック
ありエコモードあり(2段階の省エネ運転)

第3位:フレシャス スラット

第3位はフレシャス・スラットです。フレシャスデュオと同様にグッドデザイン賞を受賞しているだけでなく、足元ボトルで子供からお年寄りまで楽にお水の交換ができるような設計になっています。

ウォーターサーバー 電気代 フレシャス スラット

フレシャス・スラットの基本情報(電気代)

サイズ幅29cm×奥行35cm×高さ111cm重量24.0 kg
消費電力冷水:90 W
温水:430 W
電気代約380円/月〜
チャイルド
ロック
ありエコモードあり(明るさ感知で自動節電)

第4位:うるのん・ウォーターサーバーGrande

第4位はうるのん・ウォーターサーバーGrandeです。エコモードや内部クリーン機能が搭載されていたりと嬉しい機能が満載のうるのんです。ただ一点気をつけていただきたいのが、サーバーレンタル料として月に300円(税抜き)かかるので、そこも加味して購入するようにしましょう。

ウォーターサーバー 電気代 うるのん ウォーターサーバーGrande

うるのん・ウォーターサーバーGrandeの基本情報(電気代)

サイズ幅27cm×奥行36cm×高さ56.8cm重量15.0 kg
消費電力冷水:90 W
温水:350 W
電気代約390円/月〜
チャイルド
ロック
あり(2段階ロック機能付き)エコモードあり

第5位:コスモウォーターらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス

第5位はコスモウォーターらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラスです。チャイルドロック機能や足元ボトル、省エネモードなど色々な機能が目白押しの素晴らしいウォーターサーバーです。

ウォーターサーバー 電気代 コスモウォーター らく楽スタイルウォーターサーバー smartプラス

コスモウォーターらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラスの基本情報(電気代)

サイズ幅30cm×奥行34cm×高さ110cm重量20.0 kg
消費電力冷水:85 W
温水:350 W
電気代約465円/月〜
(※エコモード1日2回の場合)
633円(エコモードを使用しない場合)
チャイルド
ロック
ありエコモードあり

ウォーターサーバーの電気代が高い悩みを解決ー節約方法をご紹介!

ここまで電気代が最低でもいくらかかるのかをご紹介してきました。次に、ウォーターサーバーの電気代を少しでも抑えるための方法をご紹介します。主な電気代節約方法は以下になります。

  • 省エネ、エコモード機能の節電タイプを選ぶ
  • 電源は常にオンにする
  • 適温が保たれる場所に配置する

それでは詳しくご紹介していきます。

省エネ、エコモード機能の節電タイプサーバーを選ぶ

省エネモードは省エネ機能によってウォーターサーバーの使う電気を減らすことができます。一方エコモードは設定は時間帯でも指定することができるため、頻繁に使わない時には節電のためエコモードに切り替えることができます。

サーバー電源は常にオンにする

電源を常に几帳面に使わない時にオフにすると、次に電源をつけた時にアイドリングで使う電気量などが増えてしまうことがあります。基本的にはウォーターサーバーの電源を常にオンの状態にしておき、アイドリングをしない状態にしておきましょう。常に電源をオンにしていても電気代はさほど高くないだけでなく、内部も衛生面では常に綺麗な状態を保つことができます。

サーバーが適温に保たれる場所に設置する

直射日光だと熱がこもってしまうだけでなく、温水や冷水の温度にも影響が出てきます。ウォーターサーバーの電気量も増えてしまいます。お湯などを正しくボトルより出すようにメンテナンス機能の可動も増えるため、適温の状態で使えるようにしましょう。

消費電力を抑える「エコ機能」と「スリープ機能」とは?

エコ機能はメリットとして、電気の使用量を抑えながら水の温度などを保つことができます。また衛生面でもエコ機能によって保つことができるので、飲む時には安心して水を取り出すことができます。スリープ機能は就寝時に電力を過剰に使わず、ウォーターサーバーを常に温度を保つ状態にしています。

ウォーターサーバーは電気ケトルよりお得?電気代がいくらか計算してみた!

・電気ポッド

4人家族だと1日あたりの電気代で約27円となります。そこで一ヶ月分の電気代は、

27円✕1ヶ月(30日)=810円 となります。

・電気ケトル

4人家族だと1日あたりの電気代で約8円となります。そこで一ヶ月分の電気代は、

8円✕1ヶ月(30日)=240円 となります。

・ガスコンロ

4人家族だと1日あたりの電気代で約23円程度となります。そこで一ヶ月分の電気代は、

23円✕1ヶ月(30日)=690円 となります。

・IH

4人家族だと1日あたりの電気代で約20円程度となります。そこで一ヶ月分の電気代は、

20円✕1ヶ月(30日)=600円 となります。

ウォーターサーバー電気代のまとめ

ウォーターサーバーを購入する際に、つい気になってしまうのはデザインやお水の値段などの情報。しかし、意外と電気代がいくらなのかによって、値段は上下するものです。総合的に月額がいくらになるのかを調べるためにも、ウォーターサーバーの月額は忘れないようにチェックしましょう!

>>ウォーターサーバーの人気ランキングに特化した記事はこちら!

ウォーターサーバーを徹底的に比較したランキング情報や、機能などの情報口コミについては「ウォーターサーバー口コミ比較ランキング」を読んでくださいね!

ウォーターサーバー口コミ比較ランキング2019実体験!口コミで話題のウォーターサーバー比較ランキング!