ぺットにもウォーターサーバー!犬や猫も飲める水を比較!

ペット ウォーターサーバー 犬 猫 おすすめ

ペットにとっても「水」は非常に大切…でも、水道水で十分じゃないの?と心配になっていませんか?実際、水道水は人工的に消毒されているので完全に安全とはいえません。人はミネラルウォーターや軟水、硬水など自分にあった水を選ぶことができますが、ペットが口にするものはすべて飼い主の責任です。ペットにとっては、人工的な消毒などがされている水ではなく、ウォーターサーバーの天然水やRO水など、ペットにとって最適な水をご案内します。

ペットにウォーターサーバー飲ませる時に気をつけるべき3つのポイント

  • 「常温」で飲ませる
  • 水の「鮮度」を保つ
  • 注ぎ口が舐められない様に注意

ペットに水を飲ませるとき、ウォーターサーバーの水なら何でもいいのかといえば、そうではありません。それにペットがいれば気を付けなければならないこともあります!

「常温」で飲ませる

ペットに飲ませる水は夏は冷たい方がいいかしら、とか冬は温かい方がいいのかな?と思いますよね。実際は、犬や猫は年中常温の水で大丈夫です。とはいえ、犬や猫にも好みがあるようで、夏の暑い時期などには冷たい水を好むペットもいるようです。でも、それは犬や猫ちゃんが人間の食べ物を欲しがるような気持ちや行動と同じです…ペットの健康を考えるなら「常温」の水をあげることを心がけましょう!

ウォーターサーバーの水の「鮮度」を保つ

ペットに与える水は新鮮でなくてはなりません。特に夏などはすぐに水が変質するので1日に2~3回は取り換えるようにしましょう。いくらウォーターサーバーの水といっても、一度お水を飲むお皿に移すと、空気にも触れるので「完全新鮮状態」を維持することは厳しいので、適度に交換してあげましょう。

サーバーの注ぎ口が舐められない様に

水の注ぎ口はペットに舐められないようにできるだけ高いところに置きましょう。犬や猫が舐めると雑菌などが入り込むこともありますし、不衛生ですからね。床置き型なら大型犬以外では大丈夫かと思いますが、卓上型などの小さなサイズのタイプは、「机の上」に置くようにしましょう!

ペットにおすすめの水の種類は?

それではペットにおすすめの水はどんな水なのでしょうか。水の種類によっても違ってくるので、おすすめの水を比較してみました。

  • ウォーターサーバーの水
  • 水道水
  • ペット用飲料水

ウォーターサーバーの水

ウォーターサーバーの水はどうでしょうか。他の水とは何が違うのでしょうか。メリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • 備蓄水になる
  • 自分もおいしく飲める
  • ペットボトルより安い

メリットとしては犬や猫が飲む以外にも、いざという時に使える備蓄水になったり、自分も楽しめるということですね。使う頻度によってはペットボトルよりも安く使える場合もあります。

デメリット

  • 水道水より高い
  • 傷みやすい

デメリットはやはりお金がかかることと、水道水のように塩素で消毒しているわけではないので、雑菌などが繁殖してしまうと傷むのも早くなります。

ウォーターサーバーの水でも特におすすめなのは…

  • 軟水
  • 中性の水(ph値)

ペットに合う水とはいったいどんな水なのでしょうか?実は犬や猫は、ミネラル分が多分に含まれた水を飲み続けると、ミネラルの過剰摂取になったり、尿路結石、腎不全などになる可能性があるのです。また、犬や猫などのペットの尿はアルカリ性や酸性の水に影響を受けやすく、結石になりやすいとも言われています。ですからペットにはなるべく中性の水を与えるようにしましょう。大切な家族である犬や猫のために、できるだけミネラル分の少なく中性の水を選んであげましょう。

水道水

いつでもお手軽に、簡単に手に張る水道水には、どんなメリットとデメリットがあるでしょう。

メリット

  • いつでも飲めてお手軽
  • 傷みにくい

地域によって差はありますが、値段は他の水よりも安く、水道をひねるだけで出てくるのでお手軽に利用できます。また、消毒用の塩素が入っていて雑菌の繁殖を防ぐため、他の水よりも腐りにくくなっています。

デメリット

  • 地域によって水の硬度が違う

水道は源水が地域によって違うので、味や硬度も地域によって違ってきます。

ペット用飲料水

それではペットボトルはどうでしょうか。スーパーなどで買って持って帰れますよね。今はネットなどでも簡単に注文できます。メリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • 注文ノルマがない

ウォーターサーバーと違って、毎月これだけ注文しないといけない、ということはありません。好きなだけ買っていいし、必要ない時は買わなくてもいいのです。

デメリット

  • 傷みやすい

ペットボトルは開封してしまうと簡単に雑菌が入り込み、繁殖してしまうので他の水よりも傷みやすくなっています。

ペットに安心安全のウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーも色々種類があるし、どれがいいのかわからないですよね。そこで犬や猫といったペットに安心、安全な水はどれなのか、おすすめをご紹介しましょう。

1位,プレミアムウォーター

水の種類天然水
配送地域全国
サーバーレンタル料/購入料金サーバーレンタル料無料
注文ノルマ2本/1ケ月
月額費用基本プラン5,065円(税込)

(※水の値段(24L)+レンタル料+電気代)

おすすめポイント

北海道から沖縄まで配送可能なうえに、非加熱天然水で、美味しくまろやかな口当たりを実現しています。軟水で赤ちゃんにも犬や猫のペットにも飲めます。加熱クリーンシステムでいつでも清潔で新鮮な水を楽しめます。

2位,フレシャス

水の種類天然水
配送地域沖縄、離島を除く全国
サーバーレンタル料/購入料金サーバーレンタル料540円(税込)
注文ノルマ4パック(1箱)/1ケ月
月額費用デュオ5,312円

(※水の値段(28.8L)+レンタル料+電気代)

おすすめポイント

おしゃれなサーバーですが給水口は高く、ペットにいたずらされる心配が少ないサーバーです。フレッシュ機能でいつでもペットが新鮮な水を飲めます。

3位,コスモウォーター

水の種類天然水
配送地域本州、四国、九州
サーバーレンタル料/購入料金サーバーレンタル料無料
注文ノルマ2本/1ケ月
月額費用4,569円

(※水の値段(24L)+レンタル料+電気代)

おすすめポイント

汲んでから48時間以内に出荷され、届けられるのでこだわりの新鮮な水を犬や猫などのペットも飲むことができます。クリーンエア、クリーンサイクルシステムで雑菌の繁殖を防ぎ安全にも気を配ったサーバーです。

ikeaのウォーターサーバーでペットが窒息死する可能性がある⁉

IKEAペット用ウォーターサーバー

ペット用給水器に犬や猫などのペットが頭を入れると抜けなくなってしまい、窒息死する危険があります。実際に海外ではドーム型の陽気部分が外れて犬が頭を入れ、抜けなくなって窒息死したことがあり、メーカーも自主回収に乗り出しています。大切な家族の一員であるペットの安全のためにも、市販のものではなく、きちんと調べて安全に気を配った良いウォーターサーバーをおすすめします。

引用参考元:IKEA公式サイト

まとめ:ここがポイント!

  • ペットにはミネラル分の少ない軟水にしよう
  • ペットにはウォーターサーバーの安全で新鮮な水がおすすめ
  • ペットの安全のためにも良いウォーターサーバーを選ぼう

ペットには尿路結石などのリスクを防ぐため、ミネラル分のなるべく少ない軟水がおすすめです。家族の一員である大事な犬や猫には美味しく新鮮な水をあげましょう。安全を保つために、市販のものではなく、良いウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーを徹底的に比較したランキング情報や、機能などの情報口コミについては「ウォーターサーバー口コミ比較ランキング」を読んでくださいね!