ペットボトルサーバーはウォーターサーバーの衛生面は別物!アダプター自作や冷却って?

ペットボトルサーバー 衛生 卓上 自作

市販のペットボトルを設置してウォータサーバーのようになる、
ペットボトルサーバー気になりますよね。

ネットで購入もできて、なんと自作もできるぐらいお手軽のようです。

しかし、デメリットが多いのであまりおすすめはできません。

今回はペットボトルサーバーがウォータサーバーと比べた時にどんなもので、
どんな風にデメリットが多いのかご紹介します。

市販のペットボトルサーバーはお得?自作&作り方の記事に騙されるな!

ペットボトルサーバーとは、
市販されている2ℓのペットボトルの水を設置して使えるものになります。

イメージとしてはウォーターサーバーのお手軽版といったところで、
冷温水が使えるタイプもあります。

また、100均等で簡単に手に入る材料で自作する事もでき、
お子様と一緒に作る方もいらっしゃるようです。

価格もウォーターサーバーより安く、
コンパクトで気軽に使い始められそうと思いますが、実はあまりおすすめできません。

なぜなら、サーバーを衛生的に保つ事が難しいからです。

そんなペットボトルサーバーについて詳しくご紹介します。

メリット

サーバーを使ってみたいけどウォーターサーバーは利用するのに手続きが面倒そう、
置く場所に困るかも、なんて考えてる方でも気軽に設置できるのが、
ペットボトルサーバーです。

そんなサーバーのメリットをご紹介します。

  • 最低限の機能はある
  • 水の種類を変えられる
  • 持ち運び可能なので、キャンプなど屋外でも使える

最低限の機能はある

ペットボトルサーバーには、冷水だけのタイプと冷温水の両方が使えるタイプがあります。
温水のコックには安全ロックがついているので、お子様がいても安心して使えます。

水の種類を変えられる

市販の2ℓのペットボトル水を設置できるので、日頃の見慣れている水や外国の水など、
気分によって水の種類を変えて楽しめます。

持ち運び可能なので、キャンプなど屋外でも使える

とっても軽いので、簡単に持ち運びができます。
屋外でもコンセントさえあればどこにでも運んで使えますので、
キャンプやスポーツの時に便利です。

デメリット

市販のペットボトルが使えてお手軽なペットボトルサーバーですが、
デメリットが少し多くなっていますのでご紹介します。

  • 衛生面に問題がある
  • サーバー料金が高い
  • 水漏れの恐れがある
  • 冷水がぬるく、水量も少ない
  • 機能がほぼない

衛生面に問題がある

ペットボトルサーバーの1番のデメリットになります。
ウォーターサーバーのようにクリーンシステムがありません。
そのため衛生状態を保ち続けるのが難しくなります。

サーバー料金が高い

ペットボトルサーバーにはレンタルはありません。
購入して使用する事になりますので少し高く感じます。

水漏れの恐れがある

市販の2ℓのペットボトルに、サーバーに設置するための専用のフィルターキャップを、
取付ける場合がほとんどですが、その装着部分からの水漏れが多いようです。

冷水がぬるく、水量も少ない

コンパクトで簡易的な分、冷水機能は10~15℃と、
ウォーターサーバーより少しぬるく感じます。

機能がほぼない

ついている機能は、冷温水に安全ロックぐらいです。
ウォーターサーバーに比べると少ないですね。

やっぱり選ぶならウォーターサーバー

ペットボトルサーバーは、お手軽ですが全ての面において、
ウォーターサーバーの方がおすすめです。

やはり、飲み水ですので1番心配なのが衛生面ですよね。

ウォーターサーバーなら、クリーンシステムがついていますから、
サーバー内部も綺麗に保てて、清潔で安心です。

コンパクトなのはペットボトルサーバーですが、
デザイン性はウォーターサーバーの方が豊富でおしゃれです。

コストも、機能が少ない割には高くつくという印象ですね。

>>おすすめの卓上サーバーランキングはこちら

卓上でおしゃれな低価格ウォーターサーバーおすすめ比較ランキング

ウォーターサーバーにも、
ペットボトルサーバーに近いコンパクトサイズのものがあるんです。

それが卓上サーバーというものになります。

普通のウォーターサーバーよりコンパクトなのに、
機能は変わらない優れているものもありますのでご紹介します。

フレシャス dewo mini(デュオミニ)

サイズ(mm)W250×D295×H470
重量(kg)7.3kg
機能チャイルドロック・UV-LED機能・省エネモード
水の容量(L)/料金999円(税込)/4.7ℓ
冷水、温水の温度冷水5~10℃

温水80~85℃

レンタル料0~540円(税込)/月
月額費用約5325円(水5パック4995円+レンタル料0円+電気代約330円)

※注文単価(24L)+レンタル料+電気代=月額費用(メンテナンス費は含まない

おすすめポイント

デュオミニのおすすめポイントは卓上型でコンパクトなのに、
UV除菌機能がついていて衛生的に使える所です。

また冷水もちゃんと冷たいと感じる温度で使えます。

ペットボトルサーバーのように、卓上で使える大きさなのに、
ウォーターサーバーの機能を持っているのは魅力的ですね。

スリムサーバーⅢ ショートタイプ

サイズ(mm)W270×D354×H820
重量(kg)15kg
機能チャイルドロック、省エネモード
水の容量(L)/料金4.233円(税込)/1箱(12ℓ×2)
冷水、温水の温度冷水 約6℃

温水 80℃

レンタル料無料
月額費用約4.835円(水1箱4.233円+レンタル料0円+電気代約620円)

※注文単価(24L)+レンタル料+電気代=月額費用(メンテナンス費は含まない)

おすすめポイント

スリムサーバーⅢショートタイプは、
置く場所を選ばないショートタイプで寝室などでも使用できます。

光センサー付きのエコモードを搭載していますので、就寝の時などお部屋が暗くなると、
エコセンサーが感知して自動で消費電力を抑えてくれます。

ウォータースタンド

サイズ(mm)W181×D420×H375 *ナノラピアマリン
重量(kg)8.5kg
機能チャイルドロック、瞬間温水加熱機能
水の容量(L)/料金無 *水道水利用の為
冷水、温水の温度冷水4.5~7.5℃

温水80~95℃

レンタル料4.298円
月額費用約4.676円(水道代約8円+レンタル料4.298円+電気代約370円)

※水道料金(冷30ℓ・温6ℓ)+レンタル料+電気代=月額費用(メンテナンス費は含まない)

おすすめポイント

ウォータースタンドは、水道に直結できるタイプのサーバーです。

その中でもナノラピアマリンは省スペースタイプで、
シンクのスペースを圧迫する事なく利用できます。

ペットボトルサーバーにはない、瞬間温水加熱機能で入れる直前に、
お湯を沸かすので、温水を保温しておく必要がなく電力消費を抑える事ができます。

ペットボトルサーバー利用者の口コミ

自宅用にウォーターサーバーが欲しく、ランニングコストが安くすみそうなので購入しました。
設置してすぐに使ったら、お水の臭いが気になる為、説明書にあった重曹を使ったクリーニングをしたのですが、一度しただけでは臭いは取れませんでした。お水をそのまま飲まない分には気にならないのですが、折角のペットボトルのお水が美味しくなくなってしまう現状です。今後、臭いが取れるのかが心配です。

(20代・主婦)まだ使い始めたばかりなのですが水が少し臭います。コスパは良いので
ペットボトルの水は臭いませんので、サーバー内部のにおい?そのうちとれる事を願います。
(20代・自由業)ペットボトルを設置する部分に水滴が溜まりやすく、湿気からのカビが心配です。
(40代・主婦)あっという間にカビくさい!長期間の使用はおすすめしません。
かといって使い捨てにするには高いしよくないです。

まとめ。楽天の2Lペットボトルサーバーはおすすめしません

楽天などで購入できて一見、便利そうなペットボトルサーバーですが、
デメリットも多いのであまりおすすめはできません。

卓上型やコンパクトなタイプのウォータサーバーも色々な種類があります。
省エネ機能やUV除菌機能が付いたものなら、衛生的で安心して飲めるのでぜひおすすめします。

ウォーターサーバーを徹底的に比較したランキング情報や、機能などの情報口コミについては「ウォーターサーバー口コミ比較ランキング」を読んでくださいね!