ウォーターサーバーの「ワンウェイ」と「リターナブル」を比較!おすすめはどっち?

ウォーターサーバーの中でも人気が高いのが、「ワンウェイ方式」のサーバーです!
なぜ、「リターナブル方式」よりも人気あるのか、、、比較しながらご紹介していきます!
口コミでよく目にするのは、「簡単に捨てることができる!」、「使い捨てボトルなので衛生的に安心!」などがありますが、ここでは特徴やどんなサーバーがあるのかをランキング形式で紹介していきます!

この記事でわかること
  • ワンウェイ式とリターナブル式の違いがわかる!
  • ワンウェイ式のメリットデメリットがわかる!
  • リターナブル式のメリット・デメリットがわかる!
  • ボトルのタイプのおすすめウォーターサーバーがわかる!

この記事をざっと見る

ウォーターサーバーのワンウェイ式とリターナブル式の違いとは?

ウォーターサーバーのボトルには、ワンウェイ式とリターナブル式のボトルの2種類があります。

  • 使い捨て型の、ワンウェイボトル
  • 再利用型の、リターナブルボトル

それぞれ特徴がありますのでご紹介していきます!

ウォーターサーバーのワンウェイ式ボトルとは?

ワンウェイボトルは、ウォーターサーバーメーカーから配送され、水を飲みきった際に「そのまま廃棄可能な」ボトルです。女性でも簡単に潰せるくらいに、ボトル自体が薄く潰しやすいワンウェイボトルはゴミとして廃棄することが可能です。もちろん、使用中に穴が開いたりなどはしないので安心してください。

ウォーターサーバーのリターナブル式ボトルとは?

リターナブル方式とは、配達業者がウォーターボトルを配達する際に、一緒に「ボトルの返却が必要」なボトルのことです。返却は面倒ですが、ボトルが再利用されるので環境に優しいのと、ワンウェイ式に比べて「ボトルに費用がかからなく月額費用が安く」なるので、その分ウォーターサーバー月額も抑えられます。

こんな人におすすめの「一例」

・ちょっとでも安くするなら…リターナブル方式

・一人暮らしなら…ワンウェイ方式

ワンウェイ方式のメリット・デメリット

配達業者から届いたら、そのまま廃棄できるワンウェイ方式ですが、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。それをご紹介します。

ワンウェイ式の4つのメリット

まずはワンウェイ式ボトルのメリットをご紹介します。

  1. 水が外気に触れない!
  2. 使い捨てなので衛生的!
  3. 空ボトルの保管不要
  4. 自動メンテナンス機能搭載サーバーが多い

1, お水が外気に触れないから新鮮でおいしい

配送時には密閉された状態でボトルが届くので、安心して新鮮な水を飲むことができます。

2, 再利用しない使い捨てボトルだから、衛生的で安心!

使い切って捨てるだけなので、衛生面ではリターナブルボトルよりも安心して活用することができます。

3, 使い切りだから、空のボトル容器を保管しなくていい

使い終えた後は小さく折りたたむことができるので、置きっぱなしにする必要がないので便利です。

4, 自動メンテナンス機能で、メンテナンス代がかからない

ウォーターサーバーに自動メンテナンス機能がついている時には、メンテナンスに関する費用がかかりません。

ワンウェイ式の2つのデメリット

ワンウェイ方式は素晴らしいところがたくさんありますが、逆にデメリットはどのような点になるのでしょうか?

  1. 空のボトル容器を捨てる手間がかかる
  2. リターナブル方式に比べて少し月額料金が高い

1, 空のボトル容器を捨てる手間がかかる

ゴミ出しに行かなければならないので、どうしても捨てる時は手間がかかってしまいます。しかし空のボトルが小さく折り畳めるので、ペットボトルと同じく廃棄は簡単に行えるので、ワンウェイボトルは使いやすいです。

2, リターナブル方式に比べて少し月額料金が高い

再利用ができないため、常に製造する必要が業者にあるのでコストもかかります。よって月額料金がリターナブル方式よりも高くなりますが、便利かつメンテナンス機能がウォーターサーバーについていればメンテナンス費用はいらないため、値段は結果変わりません。

リターナブル方式のメリット・デメリット

比較的安いというメリットを持つリターナブル方式のボトルですが、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。それをご紹介します。

リターナブル式の4つのメリット

  1. ボトル回収制度のため、ゴミが出ない!
  2. ワンウェイ方式よりも、安い!
  3. 業者が定期メンテナンスがあるので安心!
  4. ガロンボトルのため、頑丈!

この4つが大きなメリットとなります!

1, ボトルを回収してくれるからゴミが出ない!

業者が回収して再利用するので、ごみ処理を行う必要がありません。常に再利用されますが、減菌処理によって衛生面でも問題ありません。

2, ワンウェイボトルに比べて比較的安い!

使い切りタイプであるワンウェイボトルよりも手頃な値段で提供されていますが、これはリターナブル方式は再度製造せずに再利用されることで、新たに製造する必要がないためです。価格も配慮して、各業者で安く提供しています。

3, 業者の定期メンテナンスがあるから、衛生面でも安心安全!

減菌処理を常に業者が行うだけでなく、定期的にメンテナンスも行っています。子供でも安心して飲めるように配慮しているので、衛生面でも不安はありません。

4, 頑丈なガロンタイプボトルで水漏れの心配がない!

素材が硬いため、衝撃に耐えられるようになっています。頑丈なので、水漏れを起こす恐れはありません。

リターナブル式の3つのデメリット

リターナブル方式は素晴らしいところがたくさんありますが、逆にデメリットはどのような点になるのでしょうか?

  1. 再利用に抵抗がある(衛生面が不安)
  2. 回収までボトルを保管しないといけない
  3. 不在時にボトルが回収されない可能性がある

1, 再利用に抵抗がある(衛生面が不安)

口コミなどをチェックすると再利用は不安があると投稿しているユーザも多いですが、衛生面では各業者決して手抜きをしないで綺麗に処理を施しています。子供でも安心して飲める水を提供しているので、特に問題ございません。

2, 回収までボトルを保管しないといけない

回収までにかかる時間がリターナブル方式は必要ですが、保管する時にも縦に並べるように配慮するなど、リターナブルボトルの構造にも各業者細かく対応しています。邪魔にならないように配慮しているので、安心して活用できます。

3, 不在時にボトルが回収されない可能性がある

どうしても不在の時に、リターナブルボトルを回収してもらえないのではと不安になる人もいます。留守中にリターナブルボトルを回収してもらえるように、玄関口などで対応してもらうよう対応を業者も行っているので安心です。

ワンウェイ式とリターナブル方式の比較

では、それぞれの特徴が表れるポイントを比較していきます。比較項目は、

  • ウォーターサーバーの「ボトル」
  • 水ボトルを使い切った際の対処法

料金比較などは、実際のウォーターサーバーごとにランキング形式でご紹介していきますね!

ワンウェイボトルの容器の種類

ワンウェイボトルの容器にも材質的な違いがあります。それをご紹介します。

  • 硬質プラスチックボトル
  • 厚手ビニールパック

硬質プラスチックボトル

ゴミで潰して出せたり、使っている時にも外気が入りづらいです。コスモウォーターやプレミアムウォーターで採用されていますが、安心して他のゴミと同様に廃棄することができます。

厚手ビニールパック

硬質プラスチックボトルよりも軽く、小さくかさばらないのがメリットです。軽いので持ち運びも硬質プラスチックボトルよりも楽で水交換に対しても負担はかかりません。

ワンウェイボトルの「処分」方法

ワンウェイ式のボトルは以下のような方法で処分ができます。細かい違いとしては、お住いの自治体によって変わってくる部分もあるので、ゴミの捨て方に関しては、ご自身でも確認されることをおすすめします。

  • ペットボトルと同様にプラスチックごみとして捨てる
  • ボトルキャップは可燃ゴミで捨てる
  • ダンボールは資源ごみで捨てる

簡単に潰せ、捨てることもできるのでおすすめですよ~

リターナブルボトルの容器の種類

・種類は1つで…環境に優しい再利用ボトルです。

ウォーターサーバーの中で環境に配慮しているのがリターナブル方式で、ガロン方式ともいわれていますが、硬い素材でボトルができていて水を使い切ると業者によって回収されます。そして減菌処理を行い、再利用されていきます。

ただし、基本的には直接の返却が必要になるので、一人暮らしや昼間あまり家にいない方にはおすすめできません…

リターナブルボトルの「返却」方法

リターナブルボトルを返却する時には、最初に到着した時に返却時に使う伝票が箱に入っています。そこで返却するリターナブルボトルをダンボール箱へ入れて、伝票を貼って宅配業者に依頼します。

返送料は大半の業者で無料となっていますが、事前に業者に返送料がかかるか確認しておくといいでしょう。

ワンウェイ式のウォーターサーバー比較ランキング!

ワンウェイボトルは各業者で提供しており、安心して水を飲めるように配慮を行っています。それぞれ簡単にボトル交換ができるように、ウォーターサーバーにも色々なこだわりを持っています。

使いやすさやメリットなどを考慮していきながら、ワンウェイボトルを提供している各業者のウォーターサーバーについてランキングを発表していきます。

1位.おいしい天然水の「プレミアムウォーター」

基本情報

水の種類天然水
500mlあたりの水代70円
サーバー代(レンタル料、購入料金)レンタル代は初月無料
ウォーターボトルの設置場所下置き
配送エリア全国各地
ボトルの種類硬質プラスチック

おすすめポイント

  • 水を購入する時のノルマが少ない
  • サーバーメンテナンスが非常に簡単
  • ワンウェイボトルなので、回収が不要

プレミアムウォーターはサーバーメンテナンスが簡単で、購入時にはノルマも少ないので他の業者よりも手軽に活用することができます。ナチュラルミネラルウォーターを利用しており、赤ちゃんのミルクを作る時にも最適です。

2位.コスモウォーター

基本情報

水の種類天然水
500mlあたりの水代79円
サーバー代(レンタル料、購入料金)レンタル代無料
ウォーターボトルの設置場所下置き
配送エリア全国各地(沖縄・離島以外)
ボトルの種類(硬質プラスチックか厚手ビニールか)硬質プラスチック

おすすめポイント

  • 値段が他社と比べると安い
  • チャイルドロック機能を簡単に設定できる
  • 天然水の売上がNo.1

天然水の売上が業界の中でもナンバーワンとなっており、安心して子供でも水を楽しむことができます。ワンウェイボトルは徐々に凹んでいくので、雑菌が入り込む心配もありません。チャイルドロック機能もしっかりとしているので、安心して利用できます。

3位.フレシャス

基本情報

水の種類天然水
500mlあたりの水代81円
サーバー代(レンタル料、購入料金)500円
ウォーターボトルの設置場所下置き
配送エリア全国各地
ボトルの種類(硬質プラスチックか厚手ビニールか)厚手ビニール

おすすめポイント

  • 採水地を選ぶことができる
  • おしゃれなデザインのウォーターサーバーが多い
  • グッドデザイン賞を受賞している

グッドデザイン賞を受賞しているウォーターサーバーを提供しているフレシャスは、採水地を3つの中から選ぶことができます。それぞれ味わい豊かで、ワンウェイボトルを使っているので廃棄処分も楽に行うことができます。

リターナブル式のウォーターサーバー比較ランキング!

様々な業者でリターナブルボトルを提供しており、比較しながらみていきます。

1位,.おいしい天然水の「うるのん」

基本情報

水の種類天然水
500mlあたりの水代85円
サーバー代(レンタル料、購入料金)0~324円/月
配送エリア全国各地
ボトルの設置場所

おすすめポイント

・衛生面を徹底している
・電気代が安い
・水の検査を入念に行っている

リターナブルボトルを利用しているうるのんは、水の検査などを徹底的に行なっています。また電気代も安く、ウォーターサーバーも人気を集めています。

2位.安心安全のRO水「アクアクララ」

基本情報

水の種類天然水
500mlあたりの水代85円
サーバー代(レンタル料、購入料金)0~324円/月
配送エリア全国各地
ボトルの設置場所

おすすめポイント

・RO水を提供しており、値段も安い
・ボトルに入った水を全国各地に配送している
RO水を利用しているアクアクララはリターナブルボトルで提供する中でRO水を丁寧にろ過しています。安い値段で天然水以上に人気を集めており、全国各地で配送を行っています。

3位.クリクラ

基本情報

水の種類天然水
500mlあたりの水代85円
サーバー代(レンタル料、購入料金)0~324円/月
配送エリア全国各地
ボトルの設置場所

おすすめポイント

・顧客数が業界の中でも上位に入っている

・メンテナンスを定期的に行っており、異常時には無料交換もある

リターナブルボトルで水を提供しているクリクラは、メンテナンスを定期的に行っています。ウォーターサーバーに異常が見つかった時には、すぐに交換できるように対応してもらえます。また水も定期的に届くので、安心して飲むことができます。

ワンウェイ式のウォーターサーバーの利用者の口コミを紹介

ワンウェイ方式のウォーターサーバーを実際に利用している人はワンウェイ式に満足しているのでしょうか?口コミをご紹介します。

満足した人の口コミ

主にはボトルの場所を取らなくてもいいというところに満足している人が多いようですね。口コミを3つご紹介します。

・前実家で使ってたウォーターサーバーがリターナブル方式でゴミは出なかったけど、ボトル引き取ってくれるまで保管しておくのがめんどうでした。大学に入って一人暮らしをすることになったので、ワンウェイでボトルを簡単に捨てられるうるのんの使い切りタイプのウォーターサーバーを契約しました!すぐにボトルを捨てられるのが嬉しいです。

・使い切りタイプのボトルでプレミアムウォーターのサーバーを使っていますが、何よりボトルを使い切ったるすぐ捨てられるのが最高です!いたずらの心配がないww小さな子供がいても便利に使えますし、安心して水を飲ませられます!

・フレシャスのウォーターサーバーを使っていますが、とにかく大活躍しています。ボトルも簡単に捨てることができるので、非常に役立っています。使い捨てなのでボトルを業者に引き取ってもらうことがないので、場所も取らずに快適です。

満足しなかった人の口コミ

ボトルが使い切りの分、原価がかかってしまうので、少しお水の値段が上がる傾向にあるのが満足できなかった人の口コミとしてありますね。

・ワンウェイ式のボトルは、少し他社さんと比べて水の値段が高い気がします。使い捨てられるので、配達業者さんを待たなくてもいい、というところ分の値段だと思っているので、大きく不満というわけではありませんが、、、

リターナブル式のウォーターサーバーの利用者の口コミを紹介

リターナブル方式のウォーターサーバーを実際に利用している人はリターナブル式に満足しているのでしょうか?口コミをご紹介します。

満足した人の口コミ

・子どもが生まれて、水道水だと人工的に浄化していたりで少し衛生的に不安だったので、安心して水を飲ませたいと思ってアクアクララのウォーターサーバーを使っています。ミルク作りにも活用できてます!あと、メンテナンスをしてくれたりするので、あえてワンウェイじゃなくてリターナブルにしました~衛生面で助かってます!

・うるのんのウォーターサーバーを使っていますが、リターナブル形式でゴミとかが出ないので便利です。富士の天然水を使っているのもありがたく、なんとなくおいしい気がします!(笑)赤ちゃんのミルクを作る際にも利用しています。

・エフィールウォーターのウォーターサーバーを使っていますが、リターナブルなので壊れたりしなくて安心です。小さな子供がいるので、倒したりおしないか心配ではありますね…ペットボトルのゴミも使い始めてから削減することができて、手間を省くことができています。エコですね~

満足しなかった人の口コミ

・子どもに水を飲ませたいと考えてうるのんのウォーターサーバーと契約をしましたが、とにかくボトルを付け替えるのが大変です。リターナブル形式のボトルが重く、子供が水が大好きということで頑張っています。ただ水を買って取り替えたり、業者に引き取ってもらうまで時間がかかっているのは大変です。

・リターナブルボトルを搭載しているウォーターサーバーを契約して使っていますが、とにかく音がうるさいというのがデメリットとして感じています。またリターナブルボトルは硬く重いのが大変で、取り替える時にも一苦労です。あと使い終わっても回収まで数日かかるので、処理するのも大変です。

ウォーターサーバーのワンウェイ式・リターナブル式についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。この記事に書かれていることをまとめると以下のようになります。

この記事でわかること
  • ワンウェイ式とリターナブル式の違いは、ボトル返却の必要があるかないか!
  • ワンウェイ式のメリットは、そのまま捨てられること!逆にデメリットは少し費用が高くなってしまうこと!
  • ワンウェイ式のおすすめウォーターサーバー1位はプレミアムウォーター !

ワンウェイボトルは使い捨て方式となっており、ゴミとして廃棄しなければなりませんが、メリットは色々とあります。何より利用した後でボトルを簡単に潰すことができたり、メンテナンス機能が備わっているウォーターサーバーであれば手頃な値段で利用できます。

リターナブル方式の特徴としては、「コスパ」が良いという点がありました。
少しでも料金を抑えたいという方だと、リターナブル方式のほうが「料金面」としてはおすすめできると思います。

ウォーターサーバーを徹底的に比較したランキング情報や、機能などの情報口コミについては「ウォーターサーバー口コミ比較ランキング」を読んでくださいね!