ウォーターサーバーにカビ?飲んだりする危険性を対策で回避!

ウォーターサーバー カビ 発生 危険

せっかく契約したウォーターサーバーの内部にカビが発生し、「飲んだ!」と思ったら落ち着かないですし、大問題ですね…普段生活している中でも、水回りのカビって気になるもの、実は美味しい水を利用できるウォーターサーバーも、水回りと同じでカビが発生しやすい環境なんです。

ただ実際は、ウォーターサーバーはきちんと対策すれば安心して使用できるので安心してください。

ウォーターサーバーのカビの原因と対策方法をご紹介します。

ウォーターサーバーにカビが発生?

ウォーターサーバー内部に発生する可能性のあるカビは、以下の2種類+気になる異物?です。

  • 黒カビ
  • 赤カビ
  • 白い浮遊物

ウォーターサーバーのカビは、お風呂場や排水溝によく見られる、赤いカビや黒いカビになります。これらは、水や湿気の多い場所に発生しやすい為、ウォーターサーバーにも繁殖してしまう可能性が大いにあり得ます。

そんな赤いカビと黒いカビについて原因と対策をご紹介します。

赤カビ

実は、お風呂などでみられる赤みやピンク色を帯びているカビのようなものは、
正確にはカビではないんです。

「ロドトルラという酵母菌」で、湿気を好み加湿器などにも繁殖してしまう菌になります。

人体に悪影響はないとされていますが、やはり気になりますよね。
この菌には、エタノールが有効になります。

除菌アルコールシートなどでこまめに拭き掃除する事で、発生を防ぐことができます。

黒カビ

家のあちこちに発生する可能性があるのが黒カビです。

お風呂やシンクだけでなく、お布団やマットレスの下側、結露した窓の周辺の壁など、
湿気の多いところなら、どこにでも繁殖してしまうカビです。

湿気をこもらせないように、こまめに掃除をして換気や風通しをする事が黒カビを防ぎます。

白い浮遊物

ウォーターサーバーの水にまれに見られる、白い浮遊物はカビではありません。
水の中に含まれるミネラル成分が結晶化したものになります。体に害はありません。

ウォーターサーバーによって水が冷やされたり、温められたりする事による温度の変化で、ミネラル成分が結晶化しやすくなる事があるためです。

しかし、ミネラル分が結晶化すると不溶物質になります。
水に溶ける事はありませんので見つけたら取り除きましょう。

ウォーターサーバー内部にカビが発生する4大条件

  • 高い温度(25℃~28℃)
  • 高い湿度(75%以上)
  • 栄養分(水垢やほこりなど)
  • 空気

上記の環境を避ける事でカビが発生しにくくなります。

高い温度(25℃~28℃)

カビが活動できる温度は、0~50℃と幅広く、最も繁殖しやすいのが25~28℃と言われています。

つまり、人間にとって過ごしやすい温度は、カビにとって繁殖しやすい環境なのです。

まずは、カビの生えやすい部分を見つけ、そこをこまめに掃除する事が大切です。

高い湿度(75%以上)

カビは湿度の高い場所に発生しやすいですよね。
日本の梅雨の時期には、お布団にまでカビが繁殖してしまう事もあります。

とにかくカビが生えやすい湿度や湿気が多くなりがちな部分の、換気、風通しをよくしましょう。

拭ける所は、アルコール除菌シートなどで拭きあげるとより効果的です。

栄養分(水垢やほこりなど)

カビは、水垢やほこりを栄養にし繁殖を続けます。

その為、カビの餌になりうる水垢やホコリを溜めないように掃除する事が、カビの繁殖を防ぐ1番の方法です。

掃除をして、除菌した後に風通しで乾燥させる事がカビを防ぐ為に大切です。

空気

空気中には、常に数千個という膨大な数の雑菌の元が浮遊していると言われます。

ウォーターサーバーの水も未開封の状態と、開封した状態で賞味期限が大きく変わるのは、空気に触れてしまうと、こうした雑菌が水に付着して繁殖を始める為です。

開封後はなるべく早めに使用する事が必要です。

ウォーターサーバーのカビ対策方法 | 置き場所がポイント

  • 太陽が直接当たらないところ
  • 温度が低いところ
  • 湿度が低いところ
  • 汚れ(水垢やほこりなど)が少ないところ

ウォーターサーバーを設置する際には、上記4つの環境が整っている場所を選びましょう。

サーバーに設置したボトルの水に太陽が当たると、
温度が上昇し雑菌が繁殖しやすくなります。

直射日光が当たらない、湿度や温度が低めの場所をお家の中で探して設置しましょう。

また、水垢やホコリはカビの繁殖を促してしまいます。
こまめに掃除をしたり、清潔に保つことでカビを防ぐ事ができます。

ウォーターサーバー内部でカビ臭いと感じたときの対策方法

ウォーターサーバーを利用していて、もしカビが生えてしまっていた場合、その場所によっては、カビを水と共に取り入れてしまう可能性があります。

間違ってもカビを飲みたくはないですよね。そうならない為に、ウォーターサーバーのカビが、繁殖しやすい場所をご紹介しますので、確認してみてくださいね。

  • 注ぎ口
  • ボトルの設置口(ジョイント部分)
  • 水の受け皿

ウォーターサーバーの「注ぎ口」

水の注水口は、水滴がつきやすいのでカビが繁殖しやすくなります。

また、サーバーのタンクから注水口は、チューブに繋がっている事が多いので、
その部分に水が残りやすくカビの繁殖原因になります。

掃除/対策方法

水滴を残さないように、使用後には軽く拭き上げます。
また、週に1度を目安に注水口付近をアルコール除菌シートで拭き、
コックの中を綿棒などで掃除します。

ウォーターサーバーボトルの「設置口」(ジョイント部分)

ボトル設置部分は、水ボトルを交換する際に水がこぼれたり、使用中に水が少し漏れてしまったりして、水が溜まりやすくなります。

サーバーの熱で、溜まった水が温められるとカビが発生しやすくなります。

掃除/対策方法

水ボトルの交換の際には、アルコール除菌シートで拭き上げます。また、こまめに水滴やホコリを拭き掃除し、よく乾かす事でカビの繁殖を防げます。

ウォーターサーバーの「水の受け皿」

注水の際に、こぼれてしまった水が溜まりやすい受け皿は、カビが発生しやすいです。
乾燥もしにくく、溜まった水が常温で放置されるとカビの繁殖原因になります。

ウォーターサーバーのカビ発生の予防方法

ウォーターサーバーをより安心して使用するには、カビの予防はもちろんですが、カビが繁殖しずらい機能を持ったサーバーを選ぶ事も大切です。

  • カビの繁殖を予防できるウォーターサーバーを選ぶ
  • カビが繁殖しやすい箇所を定期的に掃除をする

カビの繁殖を予防できるサーバーを選択

以下のような、機能や方式のサーバーがおすすめになります。

  • ボトルタイプ:ワンウェイ方式
  • 自動クリーンシステム搭載

ワンウェイ方式ボトルとは、使い捨てタイプのボトルの事です。

自動クリーンシステムとは、
サーバー内を自動でメンテナンスしてくれる機能の事です。

ワンウェイ方式のウォーターサーバー

ワンウェイボトルは、水がボトルからサーバーのタンクへ移動する際に、空気が入りにくい構造になっています。

その為、ボトル内の水が雑菌の繁殖原因になる空気に触れにくく、水にカビが繁殖するのを防いでくれます。

自動クリーンシステム搭載のウォーターサーバー

自動クリーンシステムは、サーバー内を熱水などで定期的にメンテナンスし、殺菌してくれる機能になります。
その為、掃除の手が届きにくいサーバー内もカビの繁殖を防ぐ事ができます。

プレミアムウォーター、コスモウォーター、フレシャスは、ワンウェイボトルを使用し、自動クリーンシステムが搭載されているウォーターサーバーなのでおすすめです。

>>プレミアムウォーターのクリーンシステムについてはこちら!

>>フレシャスのクリーンシステムについてはこちら!

>>コスモウォーターのクリーンシステムについてはこちら!

ウォーターサーバーの水と一緒にカビを飲んだ時の対処法

カビ臭い水を飲んでしまった時には、無理に吐き出したりせずに、
綺麗なお水を飲んで様子をみましょう。
体に異変が起きたり、気になる場合は病院へ行ってお医者様の指示に従います。

黒カビ
家のどこにでも発生しやすいカビで、体に入ると喘息などの原因にもなると言われています。
赤カビのようなコドトルラ
正確にはカビではないので人体に害はないとされています。しかし、コドトルラを餌に黒カビが繁殖してしまう事がありますので、見つけたらよく洗い、アルコール除菌スプレーなどで除菌します。

ウォーターサーバーのカビについてよくある質問

サントリーのサーバーの口コミについてと、長時間ウォーターサーバーを使用しない場合の、
よくある質問についてご紹介します。

サントリーのウォーターサーバーはカビ臭いの?

このような口コミをたまに見かけますが、これは水の容器の匂いが水に移っただけの可能性が高いです。

公式HPに記載されている、保管方法に従うと匂いが気にならなくなる事も多いようです。

長期不在時はサーバーの電源をオフにしてもカビは繁殖しない?

ウォーターサーバーに水を設置したまま電源を切ってしまうと、開封された水を常温で保存する事になりますので雑菌やカビが繁殖しやすくなります。

長期不在でウォーターサーバ-を使用しない場合には、サポートセンターに相談し、指示に従いましょう。

>>ウォーターサーバーの長期不在時の対応方法はこちら!

ウォーターサーバーのカビについてのまとめ

ウォーターサーバーはとっても便利で生活にかかせませんが、カビは怖いですよね。
安心して使用する為には、こまめに清掃と除菌する事が必要になります。

より衛生的に利用するなら、ワンウェイボトル方式と自動クリーンシステム搭載の、
ウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーを徹底的に比較したランキング情報や、機能などの情報口コミについては「ウォーターサーバー口コミ比較ランキング」を読んでくださいね!