ウォーターサーバーは雑菌が繁殖している!?ニュースの真相をお伝え!

ウォーターサーバー 雑菌 繁殖 予防方法

ウォーターサーバーには雑菌が繁殖している、というニュースをご覧になったことはありますか?たしかにウォーターサーバーのボトルって飲みきるまではそのままですよね。雑菌は大丈夫なのかと不安になることもあります。実はウォーターサーバー内でも雑菌は繁殖することもあるのです。ただし、それはきちんとメンテナンスをしていないからです。メンテナンスができていれば雑菌が繁殖することはありません。今回は雑菌の繁殖の理由と、その予防法をご紹介します。

ウォーターサーバーは雑菌だらけというニュースの真相は?>

どうしてウォーターサーバーの中は雑菌だらけ、などというニュースが出てしまうのでしょうか。実際に東京都の調べによって、ウォーターサーバーの中に雑菌は検出されています。つまり、ウォーターサーバーでも雑菌が繁殖することはあるのです。そのせいで、安全なはずのウォーターサーバーが実は……とことさらに話題になってしまったのかもしれません。

ですが、その一方でウォーターサーバーから検出された雑菌は健康上に何ら問題はないということも分かっています。雑菌にも様々な種類があり、必ずしも雑菌イコール健康に害があるというわけではないのです。

実際に雑菌が検出された事例は?

それでは一体どのような雑菌が検出されたのでしょうか。

出典:東京都生活文化局消費生活部「ウォーターサーバーの安全性に関する調査」

上記は東京都が実際に検査を行ったときの報告書です。この時、雑菌は検出されていますが、ボトルのタイプによっても雑菌の繁殖具合が違います。検出されたのはいわゆる一般細菌で、特に健康上の影響は確認されていません。

ウォーターサーバーの雑菌繁殖を防ぐサーバータイプ!

雑菌の繁殖を防ぐには、きちんとしたウォーターサーバーを選ぶ必要があります。ウォーターサーバーとその交換用のボトルには様々なタイプがありますので、雑菌が繁殖しにくいといわれるものを選ぶようにしましょう。

  • ボトルタイプ:ワンウェイ方式
  • サーバー内自動クリーンシステム搭載

雑菌の繁殖を防ぐには定期的なメンテナンスと、そしてボトルのタイプが重要になってきます。特に最近は自動クリーニング機構を備えたサーバーもありますし、メーカーが定期的に見てメンテナンスをしてくれるものありますので、しっかり確かめてからサーバーを選びましょう。

ワンウェイ方式…ボトルが毎回新品だからおすすめ!

ボトルタイプは主にリターナブル方式とワンウェイ方式に分かれます。リターナブル方式は空いたボトルを回収し、洗浄して再度水を入れて繰り返し使うというものです。エコではありますし、きちんと洗浄するので問題はないかも知れませんが、やはり使いまわしの再利用ですので、どれだけ安全と言われても衛生面での不安は残ります。実際東京都の健康安全研究センターの研究によっても、リターナブル方式のボトルからは雑菌が検出されています。

その点もう一つのワンウェイ方式であれば、一度使ったボトルは捨てて毎回新しいボトルに水を入れるという使い捨て方式です。ボトルが毎回新品であれば当然雑菌も繁殖しにくいですし、衛生的に安心感がありますし、研究結果でもワンウェイ方式の方が雑菌が繁殖しにくいことが分かっています。

もちろんメーカーによっても異なりますが、やはりワンウェイ方式の方が衛生面では安心と言えるでしょう。

サーバー内自動クリーンシステムが搭載されているタイプ!

一口に自動クリーンシステムと言っても、その殺菌の方法はメーカーによって違ってきます。サーバーの内部に熱水や常温水を循環させて熱殺菌を行うもの、UV除去ランプを使用して殺菌を行うものなどです。さらにたいていの自動クリーンシステムには時間を設定できる、クリーンシステムを使う時にお知らせしてくれるなどのちょっとした便利機能もついていて、いつクリーンにしたのかがすぐにわかるようになっています。

ウォーターサーバーの雑菌だらけ現象はメンテナンスで回避!

もちろん、自動クリーンシステムがついていたり、ボトルのタイプがワンウェイ式であればかなりの安全性は確保できます。ですが、そのうえで自分自身で定期的にメンテナンスをすると雑菌の繁殖が妨げられ、さらに衛生面での安全性は上がるでしょう。

ウォーターサーバーの掃除すべきメンテナンス部分は3箇所!

頻度メンテナンス方法
蛇口部分週1回台所用アルコール洗剤で消毒
水受け皿週1回台所用洗剤で洗い、しっかり乾かした後設置
水ボトルの差込口週1回アルコール消毒スプレーを吹きかけ、乾いた布で水気をしっかりふき取る

以上がセルフメンテナンスのやり方ですが、蛇口部分はサーバー内部に繋がる重要な部分ですので、特に気にかけてしっかりとお手入れをしましょう。

プレミアムウォーターの雑菌繁殖対策は?

温水タンクの水を冷水タンクに循環させタンク内を熱殺菌させる加熱クリーンシステムを搭載しています。冷水タンク内を約2時間、70度を維持することでタンク内を衛生的にかつ清潔に保ちます。

>>プレミアムウォーターの詳細はこちら!

コスモウォーターの雑菌繁殖対策は?

コスモウォーターでは、クリーンエアシステムという独自のシステムを採用し、ボトルやタンク内に入り込む空気をクリーンにしています。そのほか、48時間ごとにサーバー内部にお湯を循環させる自動クリーンシステムもあります。

>>コスモウォーターの詳細はこちら!

フレシャスの雑菌繁殖対策は?

フレシャスは給水システムに外気に触れにくい無菌エアレスパックを採用し、衛生的な水に供給に努めています。さらにオートピュアキープシステムで5日に1度サーバー内の水を循環させた上にフレッシュモードで手動ですがサーバー内のお湯を加熱循環させ、サーバー内部を殺菌するようにできています。

>>フレシャスの詳細はこちら!

ウォーターサーバー雑菌対策についてのまとめ

いくら安全と言われ、繁殖した雑菌も健康上影響はないといわれても、雑菌だらけと言われればいい気持ちはしませんよね。何もしないでいると、サーバー内に雑菌が繁殖し、本当に雑菌だらけになってしまうかもしれません。

ウォーターサーバーの美味しい水を雑菌だらけにしないためにも、日々のちょっとしたお手入れをかかさずに上手にウォーターサーバーを活用しましょう。

ウォーターサーバーを徹底的に比較したランキング情報や、機能などの情報口コミについては「ウォーターサーバー口コミ比較ランキング」を読んでくださいね!